上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
また稽古が始まる。
考えてみた。

思えば、あの日から約10年が過ぎた。

歪むほどの嫌悪感と向き合いながら、芝居の世界に飛び込んだあの日のことは忘れてない。

こんな矛盾もないもんだ。
自分が役者になるなんてことは、ビタイチ思ってなかった。

ところがどうだ言わんばかりのこの約10年。

あたしは芝居と役者に囲まれて過ごしたし、すごく幸せだった。

皮肉だな。と思う。
憎むべきものは愛しいものほどに心を支配するわけだ。

しゃらくさい事だ。
ついでに思うのは、
あれは役者だったからではなく、人だからなんだということだ。

スポンサーサイト

2006.04.30 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。