上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
先日旅行に行ってきた。
日頃の疲れを癒しに箱根の温泉に行ってきた。

有名な?ユネッサンに行ってきた。
ON泉OFF呂ってやつだ。

調子にのってさまざまな湯船に浸かりまくる。
これだけで凄く贅沢な旅のように感じるから得な性分だ。

相方が「魚のいる風呂に入ろう!」と、奇妙なことを言い出した。
「マジか!」

覗いてみると、メダカほどの小さな魚が人の足に群がっている。
「こわい」

「この魚は、人間の皮膚の表面を食べて、病気などを治してくれるんですよ」
「なに!?」

足だけ入れる体験風呂は、十分に興味をそそられた。
しかし、お湯の中に魚がいるとは・・・。

足を入れると魚が群がってきた。
凄くくすぐったかったが、慣れてくると面白かった。

相方は「またはいろう!」と皮膚を食わせる気満々だった。
二度目、腹がいっぱいなのか、魚の動きが鈍かった。

こうして、その日の次の日も、ドクターフィッシュの話は
しばしば花を咲かせるのだった。・・・。
スポンサーサイト

2006.04.25 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。